#personal memo: Human-Centered Algorithm Designへの興味

昨年マンハッタンで多用したUberの体験があまりに良かったので、その裏のメカニズムに興味をもって調べていたところ、human-centered algorithm (以下、HCAと略)というキーワードを見つけた。もしかすると、human-centered data scienceのの方が上位概念かもしれない。ともかく、それ以来何かがピンときてしまい、だいぶ気になっているので、ひとまず気になっていることをメモしておこう。

  • Uberは乗客には優しいが、運転手には厳しいシステムであるというようなことが言われるが、一体どういうバランスを取れば双方にとって公平性の高い”良いシステム”になるのだろうか。「Uberのドライバーの上司はアルゴリズム」とも言われるが、現実的に「アルゴリズムと働く」ということを真剣に考える必要がありそうでもある。
  • 現に同様の課題意識がHCAのアジェンダの一つにもあげられており、Algorithm at Work”と「仕事」文脈にフォーカスしたテーマを扱う活動もある模様。
  • HCAの論点を構成する背景は多岐にわたることが用意に想像される。ビジネスにおいては、(1)ユーザにとっての提供価値・UX、(2)事業システム、(3)従業員のUXを同時に考慮したものになる。手法としては機械学習、理論的背景としてマーケットデザインの知見も使えるのかもしれない。ビジネス視点で包括的にみると、SDL(Service Dominant Logic)がテクノロジーによって強化されたという話かもしれない。
  • ACMのCSCW2016というカンファレンスのタイトルがまさに”Computer-Supported Cooperative Work and Social Computing”であった。なんとついこの2/27に実施されていたよう。サイトにある”Call for Participation in Workshops“を見ると、非常に興味深いワークショップタイトルが並ぶ。
  • githubのような場所に、オープンソースで使えるHCAのアルゴリズムがどんどん公開されて行ったらどうなるだろうか。
  • Roger Martin教授の知識のファネルを思い出す(参考:Wikipedia “The Design of Business”)。知識のファネルは3つのフェーズがあり、mystery → heuristic → algorithmというもの。自分のようなUXに携わる人間は最初のファネルであるmystery→ heuristicをひたすら紡いでいるイメージがある。そして、僕としてはさらにalgorithmまでUXのイシューで貫くことで、デジタル社会の次世代インフラにインパクトのある仕事をできればこれ幸い。

余談ではあるけれども、先日、機械学習の勉強会にお邪魔したところ、データサイエンスの道の超一流の方たちがいらしゃって素晴らしい討議をされていた。熱く語る皆さんを見ていて、正直羨ましくなるぐらいだった。それにも関わらず、世の中へのコネクト先が「CVや回遊が3倍」のような世界であり、それはそれで重要だが、なにか残念すぎる、と感じてしまった(自分が良く見えていない可能性ももちろんある)。テクノロジードリブンを志向するわけではないが、このあふれんばかりの知性のコネクト先を見つけるのは、この場に居合わせた自分の義務ではないかと謎の使命感を感じていたところに、そのブリッジとなるようなコンセプトとしてhuman-centered data scienceが現れた(思い出した)。この試行錯誤の中で切り開いてくべきだろう。

2012年ごろの機械学習の論文で、数式・アルゴリズムなどを一切書かずしてトップカンファレンスに通った”Machine Learning that Matters(ICML 2012)”というものがあるらしい。こちらのブログに日本語の要約されているが、「機械学習のための機械学習(要約: マッシュルームやアヤメの分類器を死ぬほど作って何の役に立ったの?)」というのが印象に残った。しかし、テクノロジーのブレイクスルーもあり、機械学習がこれだけ社会に喧伝される昨今では状況は大きく進展していそうだが。

追記:
(2016/04/18) 専門的に研究をしている方: Min Kyung Lee(カーネギーメロン大学)、Minさんの講義動画


続・たのしいUX(2015年を振り返って)

UXの位置づけが高まりを見せた2015年

今年は個人的にUXにまつわる大きな変化を2つ感じました。1つ目は、従来の設計方法論としてのUXDまたはUCDが、チームや組織での実行性にフロンティアがシフトしつつあること(一方でテクノロジーによる新たな地平の広がりもあります)。そこにはUIにとどまらない経験価値へのテコ入れへの期待があります。2つ目は1つ目の延長ですが、UXを経営課題にする試み(=CX)が少しずつ始まったことです。

UX_map01

国内のUX界隈が今年どうだったか、上図のような活動レイヤーに分けて話すと整理しやすいため、それぞれ図中の番号順に雑感を語ってまいりたいと思います。

①UIでUXを良くする活動【(今後も絶頂)成長期】

この活動レイヤーについては多くを語る必要がないでしょう。

悪名高いいわゆるUX=UI的な(体験を生み出すタッチポイントという意味では、あながち間違ってもいなさそうですが、思考の手順としては違いそう)価値を生み出すレイヤーであり、価値創出の最前線として非常に重要です。体感できないUXはさすがに意味がありません。近年はモバイルシフトとiOS/Androidのネイティブアプリの盛り上がりから、新しいインタラクションデザインの領域がでてきたため、今年もUIデザイナー大人気の1年でした(「UXデザイナー」としての名称も普及してきました)。10年近く前にインタラクティブ性の高いPC Web(含Flash)が流行りまくった時と同じような雰囲気を髣髴とさせます。市場は巡りますね。

これからも新たなUIの基盤が生まれ、生活や仕事におけるデジタル浸透度もますます高まり、UIデザインもどんどん必要とされそうです。

②チームでUXを良くする活動【成長期(の端緒についた)】

プロダクト開発のリーダーにとっても、UXの重要性が認識されつつあった年ではと思います。プロダクトの方針だけでなく、開発プロセスやチームの価値観のデザインにも関わります。

この活動レイヤーを(揶揄するような)印象的な言葉に今年は出会いました、”Agile doesn’t have a brain.”です。初めてこれを見た時には、ピンときつつも中々エグいこと言うなと思いましたが、事実、よく遭遇するケースに思われます。UIの原理原則レベルにとどまらず、扱っているビジネス特有の狙いやターゲットユーザへの価値提供を考慮しながら「本当はなにを作るべきか」を知覚とロジックを総動員しながら吟味して統合してコンセプトに落とし込み、最終的にUIへと具現化することは中々ハードルが高く、UXの視点を強くもった強力なプロダクトマネージャー(または彼を補完するような存在)が求められていると思います。

たまたま読んだ、以下のProduct Thinkingの記事など課題意識に近いものがあります。

Building features is easy, building the right features for the right people is challenging. 

チーム活動としてUXを取り入れるための考え方として、「UX Maturity(組織がUXを扱えるレベル、成熟度)」というコンセプトも登場してきました。2016年も引き続き新しいチームの形が模索されていくんじゃないかと思います。個人的に、来年のテーマの1つはこの辺です。

③ビジネスシステムでUXを良くする活動【黎明期】

このレイヤーは上図で一応切り分けてみたものの、正直短時間では整理できませんでした。恐らく企業によって様々な形が考えられるからかも。もはや④に含まれることも多そうです。ともかく分けておく必要は感じます。一言でいってしまうと、あらゆる顧客接点を横断して経験価値をマネージする実行部隊の活動領域でしょう(CXOの到来が待たれます)。恐らく多くの組織内で真価を見せきれていないであろうカスタマージャーニーやXXキャンバスを活用する主体となるイメージです。

④経営システムでUXを良くする活動【黎明期(から一気に爆発しそう)】

米Capital OneによるAdaptive Pathの買収など、今年UX専門コンサル企業の買収が次々と起こりました。ビジネスにおける競争観点から、経験価値への注目が加速しています。

UCD/HCDにて人間中心の価値提供を実行する知が、100年を超える経営戦略の知(Wikipediaによるとハーバード・ビジネス・スクールは1908創立とのこと)と結びつき、デジタルテクノロジーというエンジンを携えながら大きく進化しようとしている領域に見えます。旧来の大企業は産みの苦しみを味わう一方、Uberのように社員(≒運転手)のマネジメントをUXを重視したエコシステムに整合する形でアルゴリズム化してスケールさせるとてつもない企業も存在します(機械的なシステムと人間の相剋へのチャレンジが最も面白いところ)。こちらについては来年も非常にエキサイティングな領域でしょう。

UXから人類へ

「UXとか(もういいよね)・・」なんて、うそぶく人が出始めたのも今年の特長ではないでしょうか(何を隠そう僕も其の一人かもしれない・・)。国内WEB系で早くからUXに興味があった周りの皆さんはいかんせん飽きっぽく、新しい知に常に飢えてお引っ越しする方が多い(笑)。

UXDは仕事レベルの知的フロンティアとしては踊り場にきているなーなんて思いましたが、冷静に考えるとそんなことはまったくない気がするので、実は問題が多すぎて思考停止しているか、はたまた組織内での実行に日々のマインドシェアを奪われて疲れているだけかもしれません。

8年ほど前ですが、個人的にUXというコンセプトに接して新しいと感じたのは何かをあらためて考えると、Webというプレイグラウンドにおいて、デザインという名のもとに統合された新しい経験の実験が繰り広げられ、認知科学とテクノロジー(とビジネスと参加者)が熱く接触していた点にある気がします。つまるところ、UXはWeb(テクノロジー)から離れるとやっていることは歴史的にも普通に思えてしまいます。

UXに携わる諸先輩方と同様、UXの背景を辿ると人類の存在レベルの問いかけに触れ、とてつもない知の体系に接続し、時折本屋をうろちょろしては卒倒しそうになります。そこにテクノロジーによるケイパビリティが絡むと、もはや世界を背負う気分です。Mっ気をだすようですが、そこがまたいい。

最後に、2016年も引き続きdigしていきたいテーマを書き連ねておきます。

  • 環境と知覚のインタラクションから生まれる情報、価値、意味(アフォーダンス理論)
  • 知覚も変えていこう(アンディ・クラーク)
  • 意識とは何か、意識の誕生(『神々の沈黙』←尊敬する友人ヨッピーに教えてもらった本)
  • 知覚を拡張する(IoT)
  • 拡張した知覚をシンプルなUXとして提供する(機械学習)
  • UXDをシステムとして見るには(ピーター・チェックランド、ドネラ・メドウズ)
  • UXをシステム的にデザインする(ゲームメカニクス、マーケットデザイン)
  • UXをより直に数学の問題に(コントラクトを計算問題にしたブロックチェーン)
  • 別に感じるままでいいじゃないか(イタリアのワインが本当に美味しい@神楽坂、荘子)

(beyond UX、UXerの趣味的射程)
UX_map02

駄文にお付き合いいただきありがとうございました。来年もよろしくおねがいします。
@t_maeda


BA × UX

はじめに: 下記の内容にご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひディスカッションせてください(@t_maedaまで)。

5~6年前でしょうか、UXはもっと上流で割りと決まってしまっているよね・・・なんて話をよく界隈で話すことがありました。実際はそんなこともない部分もありそうですが、UIまわりでいくら悪戦苦闘しても、あらゆる意思決定の源泉であるビジネスの要求の前には、UXについて十分に追求しえない・理想を追えない、そんな心の声が当時あったのかもなと思います。

逆に言えば、ビジネス側から”ふってきた”目標や狙いに対し、実に盲目的な態度であったといえなくもありません。もともとビジネス側、ユーザ側という二元的な考えた方自体がおかしいとも言えそうですが、それはまた後日整理してネタにするとして、僕自身はそれなら単純にそっち側(ビジネス)にもっと踏み込めばいんじゃないかと考えたくちでした。

デジタルのサービスや製品を、ユーザを巻き込んだ一つの体験装置・システムとして捉えると、企画者やIA、UIデザイナなどの分類などは少しつまらなく感じる時があります(※もちろん、それぞれの専門性を否定する話でもなく、仕事上名乗る必要はあります)。もっと一連のシステム、全体を捉えたいという欲求は、UX領域で実践を積んでいる方であれば、少なからず持っているはずだと思います。

BA x UX

前置きが長くなりましたが、Service Designといったフィールドにシャープに切り込むためにも「ビジネス」に強くならなければなりません。そこで、UX実務家の1つのフロンティアとして、BA(Business Analysis)を見定めるべしと思っております。

BAってそもそもなんだろうということでググってみると、例えば以下のようなものがありました。

端的に言うと、ビジネスアナリシスとは、ビジネスを成功に導くために必要なタスクやテクニックを集めたものである。具体的には下記の4つがポイントになる。
1.組織のゴール(および目標)を明確にし、ビジネスニーズを定義すること
2.ステークホルダー(利害関係者)の真のニーズを引き出すことの責任をもつこと
3.ソリューションを定義し、それを開発側に伝えること
4.ソリューション構築後に、その妥当性を確認すること

ビジネス+IT:「BABOKとは何か?5分で理解するビジネス革新のベストプラクティス」

上記の引用だとまだわかりやすすぎると思われますので笑、また後日深掘っていきたいと思います。LinkedInでは“User Experience and Business Analysis”というコミュニティもあるようですね。

恐らくBA x UXと聞いて想像するようなことは、スタートアップの経営者や事業担当者の方なら息を吸うかのごとく当たり前にやっていることだと思いますが、意外とやりきれずに困っている話も一方で耳にします。プロダクトの責任者の方と飲んだりしても、「ブレインになる人」がいないという話を最近よく聞きます。同等レベルのビジネス視点を持ちつつ、顧客への洞察からインパクトを及ぼしそうな企画の種を導出できるような人間は中々いないということなのでしょう(Lean UXのスライドなどでよく引用されている”agile doesn’t have a brain“も似たような状況を指しているのかもしれません)。

また、スタンフォードのd.schoolでも取り組まれているような、design thinkingのリテラシがあるBAエキスパートとUXエキスパートがうまくコラボしてやるという形ももちろんあるでしょうが、あくまで一定は自分で踏み込みたいです笑。

BA x UX的な人のスキルというかやるべきことのイメージとして、漠然とですが以下のようなものを想定してみました。

  • ユーザリサーチ(コアスキルとして):ユーザへの洞察から、価値提供の機会を導出し、事業全体に対しインパクトある提言ができる。本人がオブザベーションできると尚良い。
  • ビジネス分析:事業戦略を理解し、そこからUXの方針策定に至るまでの具体的な論点を定義した上、ユーザドリブンに解決の道筋を作れること。さらには事業戦略そのものにインパクトのあるフィードバックを返せる。
  • プロトタイピング:ユーザ理解と、場合によっては一定のビジネスからの要望を統合し、コンセプトとしてのUI(ラフな検証に耐えうる)にまで落とせる。

これを完璧にできるようになりたいですね。どんな素振りをしていけばいいでしょうか。そんな複雑な話ではないですが、これからも試行錯誤していきたいと思います。

こんな感じの関心をもったかたは、最近増えているんじゃないでしょうか。一つの結晶が、昨今のUX StrategyやService Designではないかと思います。このあたりのテーマにもより貢献していけたらなと思います。余談ですが、この手のカンファレンスに参加すると(今年はUX STRAT2014に参加しました)、UXはもはやビジネスそのものを本質的に貫くものになったんだなとしみじみ感じます(その分、デジタルから外れた瞬間すぐに「当たり前」のものに見えたりもするのですが)。

最後に、岩波文庫の『孫子』の中にシステム思考っぽくて気にいっている言葉があるのでご紹介します。

奇正の環りて相い生ずることは、環の端なきが如し。たれか能くこれを窮めんや。
(奇法と正法とが互いに生まれ出てくる-奇中に正あり、正中に奇あり、奇から正が生まれ正から奇が生まれるという-ありさまは、丸い輪に終点がないようなものである。誰にそれが窮められようか。)

来年はUXのフィールドにいながら、BAだけでなくもいくつかの「奇」を放り込んでいけたらと思ってます。

繰り返しになりますが、上記のようなお話にご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひディスカッションなどさせてください。どうぞよろしくお願いしますー(@t_maedaまで)。

この投稿はUX Tokyo Advent Calendar 2014向けに書いたものです。ということで、皆様メリークリスマス&よいお年を~!


#personal memo : 専門職

組織において文化人類学のエキスパートを権威づけることの本質を理解している日本企業はどれぐらいいるのだろうか。

専門職制度がうまく育たないという。
その最も大きい原因は、世間に通用するジョブ・タイトルが社会的に確立していないことだろう。
部長、課長といった管理職だけが世間で評価される。だから、猫も杓子も草木がなびくように管理職をめざす。
これからの企業は、管理職を上回るほどの専門職を求めるようになるだろうと、私は見ている。
世間もたとえ認めなくても、企業の中においては積極的に専門職を要請する必要がある。そしてこれらの専門職に、権威をつけていかざるをえない。
『土光敏夫 信念の言葉』(PHP研究所)より

上へ上へと思っていたら上がつまってしまい、仕方がないので階層を増やして微妙な権限の違いでミルフィーユみたいな組織が出来上がってるのかもしれない。

どの専門職に権威を付けるかは、経営戦略(の一環)だろう。UX関連職種(または顧客中心専門職)を少しずつ耳にし始めたのは嬉しい限りだが。

ところで最近はサービスデザインという言葉も聞かれるが、価値創出を組織内外の機能のネットワークやシステムとして設計するもので(バリューチェーンと何ら変わらない気もするが)、現状は休眠資産をインターネットの力でうまく束ねて、主にコスト優位性とデジタルならではの利便性とあわせて既存市場に参入しにいくケースが多いように見える(Airbnb、Uberなどなど。リクルートのリボン的な感じも?)。

そこでは、ヒエラルキーよりもより専門機能・専門職を横に効率的につなげる必要に頭が巡る。現場に近いところでは、UXプランナー・サービスデザイナーというような職種の人間が活躍し始める。一方、よりトップマネジメントに近いところでは、UXストラテジストとして、マーケティング〜経営視点からシステムの設計を支援する。UXストラテジストは、具体的な経験価値というよりも、それを最大限生み出すような組織のベクトルをデザインするような職種に違いない。


#personal memo: システムとUXことはじめ

Donella H. Meadowsさんの”Thinking in Systems: A Primer“は、システム思考における名著です。
特にレバレッジのトピックが非常に面白いので、今後いくつかブログで紹介していきたいと思っています。
(本書より基本的なところを抜粋)
————————————–
システムとは、特徴的な挙動を生み出すあるパターンや構成(よく「機能」や「目的」として分類される)において、構成要素が一貫した仕方で組織化、相互連結化されたものである。
  • 一つのシステムは、その構成要素の集まり以上のものである。
  • システム内のたくさんの相互連携が、情報の移動によりシステムを操作する。
  • システムについて最低限明らかなこと(その機能や目的)が、システムの挙動を決定する最も重要な因子である。
  • システムの構成が、システムの挙動の源泉である。システムの挙動は、時間をかけて、一連のイベントとして明らかになる。
システムにレバレッジをかけるポイントは、以下の12個考えられる。
  1. パラダイムからの脱却
  2. パラダイムを変える
  3. ゴールを変える:システムの目的
  4. ルールを変える:インセンティブ、ペナルティ、制約
  5. 自己組織化:システムの構造を強化したり、変化させたり、進化させるパワー
  6. 情報の流れを変える:誰が情報にアクセスする、またはしないかの構造
  7. 強化型フィードバックループ
  8. バランス型フィードバックループ
  9. 遅れ
  10. ストックとフローの構成
  11. バッファー
  12. 数字(パラメータ)

————————————–

ソーシャルゲームなどまさにそうですが、経済的なシステムと顧客の行動メカニズムを一連のシステムとして捉えて、双方がハッピーになるためのレバレッジを見つけていくことが、これからの思考方法の一つとして重要になるんじゃないかと思っています。