「自分」の範囲はどこまでか

「自分の範囲を広げる」という認識を持つことは可能だろうか。
自分は自分を大事にするという前提があれば、「自分の範囲が広がる」ことで、少しは世の中のためになるだろうか。

常日頃からインタフェースだなんだと言っているが、自分と外界のインタフェース(界面)は浮き彫りになりつつも、頭の中のイメージとしては徐々に消失する方向に向かっているのを感じなくはない。
普段からネットばかり使っていることで、モノを物でなく情報として扱う習癖が身に付いてしまったからだろうか、物理的な界面は、情報を扱うかのごとく簡単に越えられる気がしてしまう。

自分はモノとの界面を越えて、「自分の範囲を広げる」ことでテンションがあがるだろうか。

妄想その1)
出勤中に、自分を中心とした半径10mの球を思い描いてみた。外で道を歩いていて、自分の半径10m以内のモノは全て自分だと認識するよう努める。半径10m以内の地面のアスファルトの上にゴミが落ちていたら、それを払いのけたくなるかもしれない、ゴミが減るのかもしれないと超楽観的なことを思った。
しかし、その辺のアスファルトや草木や土も含めて同化感を味わうのは、何か妙な快感を覚える。しっかりした大きな物と同化することは、まさに地に足が付き根っこまで生えたような安心感がなくはない。

妄想その2)
今度は自分の友達は、自分だと認識する。これは意外と簡単かと思いきや、アスファルトと違って同化感は想起できなかった。
自分の子供でもない限り、自分の一部と認識することは難しそうだ。「意識を共有する」ようなことは妄想できるかもしれないが、まだ自分には糸口がない気がする。

さて、自分は何か大きなものの部分であり、全体でもあるという認識を持つこと。自分自身を海原の一つの揺らぎとしてイメージするような。よくSFで、地球上のあらゆるネットワークにコネクトして、自分という個と大きな一体感を同時に認識するような状態。楳図かずおの『わたしは慎吾』の慎吾のように、「わたしは丸になった!」状態。

そういう現象・状態は想像できるが、そこに向かわせるモチベーションが何なのかがちゃんと分からなかった。

マズローの欲求5段階説をご存知だろうが、5段階の上があることはご存知だろうか?
はじめ、「自分の範囲が広がる」「大きなものとつながる」ことは3段階目「所属と愛の欲求」なのかなと思ったが、Wikipediaによると、実は5段階のもう一つ上に「自己超越」という定義があることを知った。彼の考えによると、自己超越の特徴は「統合された意識を持つ」とか「多視点的な思考ができる」とか「「在ること」(Being)のレベルにおいて生きている」などがあるそうで、人口の2%のみが自己超越者(transcenders)の域に達しているそうだ。

最近の日本は、マズローの5段階目「自己実現の欲求」で盛り上がってると感じているが、いつかその欲求がおさまる(満たされる)と、今度は「自己超越の欲求」をテーマにしたような、宗教チックな自己啓発本がちまたにあふれ出すのだろうか(なんかやーね)。

だから個人的には、「自己超越の欲求」を満たす一つのヒントとして、超越のちょっと手前のような「自分の範囲を広げる」ことが何か発想を広げてくれるのではと思って、妄想している。ただ、観念レベルではなく、物理的な行動レベルのインフラをデザインすることに僕自身は関心がある(あくまで心->行動->習癖->品性->運命の枠組みが好きで、「行動」をよくデザインすることをミッションと思い込んでいる)。Brenda LaurelさんのDesigned Animismなんかは、大いにテンションがあがる。

ユビキタス/複合現実感のような現実世界とデジタル・インターネットが融合した世界を描く際、僕らはどんな本質的な要件がありうるのだろうか、自分としてもテンションあがる要件は何なのか(笑)、最近そればかりをよく考えている。その中で、もしかすると「自己超越」的な欲望がドライブするかもしれない、「どこまでが自分か?」と問うことがヒントになるかもしれない、と思った。


第1回インタラクションデザイン研究会@東大で個人的に得たもの

先日6/19(土)に、東大で開催された「インタラクションデザイン研究会」に参加してきました。

スピーカーは慶応大学の増井教授、稲見教授、チームラボの猪子さん、takramの田川さんの4名で、さりげなく客席側にも山中俊治さん、暦本純一さんとホンマにありえんと思えるほど、一線の方々が一同に会する場でした。幹事の坂本さん、渡邊さんには感謝しています!本当にお疲れさまでした。また、会のヴィジョンとして、「インタラクションデザインを日本の産業の中核に据える」を掲げており、とても共感しています。運営チームもほぼ同い年で、 自分も貢献すべきと気持ちを新たに出来ました。

なお、会の内容について知りたい方は、下記の記事等をご参照ください。

さて、個人的な参加の目的は、インタラクションデザインについて今後の課題や論点は何だろなーと、そのヒントを得ることでした。そして、皆さんの発表・ディスカッションから以下のことを持ち帰れました(多くが最中に妄想したことばかりで、会の内容とは間接的ですw)。

  • デザイン対象となるインタフェース(界面)は、人の外側(プロダクト、物質)から内側(近年のつながりや感動といった本能的、情動的なもの、「テンション」「質量のないもの」(by猪子さん))に向かっている。
  • セルフサービスを支援するものをデザインしていく必要がある(ネットじゃ当たり前の前提ですが)。
  • プロトタイピングは、何をデザインすべきかという要件を洗い出すのにやっぱり有用(build to thinkマンセー)。
  • アウトプットのKPIの一つとして、コロンブス指数=インパクト/シンプル (by増井さん)ってのがありえる。
  • 製品/サービスはどんどんチューニングされる時代であり、チューニングのプロセスや思想もデザインの対象となる(田川さんリスペクト)。
  • インタラクションデザイン界には、クラフトマンを束ねるアントレプレナーが必要(その点で、猪子さんが輝いてた)。
  • 日本市場でやってくことの意義の一つは、世界的に見てレベルの高い消費者がいることじゃないだろうか(原研哉さんの『デザインのデザイン』リスペクト)。

どーでもいいですが、増井さん・田川さんは上半身の人、稲見さん・猪子さんは下半身の人という印象でした(笑)。どっちも大切ですが。

第1回の説明文に「インタラクション業界を外観すると同時に、私たちが向かう方向性について」とあったのですが、それが目的だとしたら目標意識が甘かったんじゃなかなーという印象でした。ただ、「インタラクションデザインについて、俺たちは何を議論すべきなんだろうか。。」という空気が途中から生まれてきて、大きな課題意識を共有することは出来たんじゃないだろうかと思います。

今後については、今回参加者の50%が企業の人間だったことからも、もう少しビジネスや具体的な価値提供の視座を取り入れたらいいのではと思いました。AppleやIDEOだって、インタラクションデザイナーだけじゃ強くないだろうし。

個人的にはインタラクションデザイン×ビジネスのフロンティアとして、Service Designが面白そうだと思ってますんで、このブログでも今後その辺りをトピックに取り上げていきたいと思います。

なお、第2回は山中俊治さんと暦本さんの対談だそうです。こちらは話が割とソリッドになりそうなので、楽しみです。


UXBC Tokyo – 国内ネット系スペシャリスト向け読書会

最近、UXBC TokyoというWeb系のIA(建築でいう設計士さん)やディレクターを中心としたスペシャリストによるディープな読書会(勉強会)によく参加しています。

今回は、UXBC Tokyoについてご紹介。

UXBC Tokyoとは?

UXBCとはUser Experience Book Clubの略称で、もともとIA Instituteというコミュニティから始まった活動で、今では各国のIA/UX関係者有志により、世界規模の読書会コミュニティとなっています。IA Institute のサイトに世界の活動っぷりを示したイケてる地図がありましたので、以下に拝借。日本も反映されていました。


View Larger Map

日本でのスタートは、2008年末頃、浅野さんが東京支部をスタートされました(僕もその記念すべき第1回読書会に参加者させていただきました)。

_____3.png

僕から見たこの会の特徴・メリットは以下の通りです。

  • およそインターネットまたはデザインの周辺の方なら、誰でも参加できる
  • 読んで議論したい本があれば、その人が主催者になる
  • 日本のネット界の一流の人と会って話ができる(僕はこれが一番の魅力)
  • 洋書が分担して読める(笑。でも結局全部目を通さないと理解しづらいです)
  • 少し敷居の高い本でも、読書会を締め切りにして頑張って読める

また、第1回参加者募集に関する浅野さんのブログの投稿にもある通り、

UXBC Tokyoは、誰もが参加できるだけでなく、誰もが主催者にもなれる、柔軟かつアジャイルな知識交換の場となってほしいと考えています。

まさにそういった感じです。 僕自身、何度か主催したり参加してますが、毎回参加者の方が経験豊富で博識なので、毎回刺激になっています。

最近、こんな本も紹介いただきました(僕らの仕事は映画界にも先達がいるとは)。

定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー 定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー

山田 宏一

晶文社 1990-12-01

売り上げランキング : 4703

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

個人的には、この取り組みを通じて日本の生み出すネット系のプロダクト・サービス品質向上に少しでも寄与できたらと思っています。また(UXBC Tokyoでなくとも)、アジアも含めたIA/UX/??系専門家の交流にもつなげていけたらと考えています。

#ところで、アメリカではIA/UXのコミュニティ活動も活発で、関連するカンファレンスも頻繁にあります(IA SummitIxDなど)。このような会は、参加者にとっても登壇者にとっても自分の成長のきっかけになるはずですし、ちょっとした自己実現の場でもあるんじゃないかと(この分野だとあの人だね的な認知だとか)。コミュニティ内での知識共有だけでなく、専門家同士のモチベーションアップにもなり、はたまた人材流通の場にもなるなど、その辺の取り組みぶりは見習うところがありそうです。日本だと、僕が知ってる中ではCSS niteがとてもいい感じにされてますよね。

さて、以下ではUXBC Tokyoの具体的な活動内容として、どんな本を取り上げてきたかをご紹介しますね。

UXBC Tokyoでこれまで読まれた本

カテゴライズは正確ではないかもしれませんが、大体あってるでしょう。

プロトタイピング系

Prototyping – A Practitioner’s Guide

Todd Zaki Warfel

Rosenfeld Mediaで詳しく見さ

  • プロトタイピングの方法論やメリット、オススメツールが分かりやすくまとまっています。
  • 僕とデザイナーの方の2名で新宿のミヤマカフェで6時間ぶっ続けで話した思い出の本です。この本自体ははっきり言って軽めの内容なので、全然別の話で盛り上がってましたが。。
ペーパープロトタイピング 最適なユーザインタフェースを効率よくデザインする ペーパープロトタイピング 最適なユーザインタフェースを効率よくデザインする

オーム社 2004-06

売り上げランキング : 56427

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

デザイン方法論系

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

Donald A. Norman

新曜社 2004-10

売り上げランキング : 112444

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • D.Norman御大による割と有名な本ですね。
  • 人間の認知の仕方の3段階:本能レベル、行動レベル、内省レベルの概念が印象的。僕は参加していないですが関連MLを拝見すると、面白い情報交換があったようです。
Designing for the Digital Age: How to Create Human-Centered Products and Services Designing for the Digital Age: How to Create Human-Centered Products and Services

Alan Cooper

Wiley 2009-02-24

売り上げランキング : 42371

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • Alan CooperのAbout Face 3の実践版とも言うべき本です。
  • ペルソナを用いたGoal Directed Designの極めて実践的な内容です。プロジェクトの体制、スケジュール、シナリオ、ユーザ分類、クライアントミーティングのアジェンダ等まで、具体的な例を取り上げて詳しく説明されてます。
  • ちなみに700ページのEnglishで、かなりの強者でした。
    #個人的にちょうど今、とても参考にしています。皆さんのレジュメがホント助かる。。
使いやすいソフトウェア―より良いユーザインタフェースの設計を目指して 使いやすいソフトウェア―より良いユーザインタフェースの設計を目指して

富野 壽

構造計画研究所 2005-11

売り上げランキング : 475247

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ユーザ調査、モデリング系

Mental Models – Aligning design strategy with human behavior

Indi Young

Rosenfeld Mediaで詳しく見る

  • 僕はまだ読めてませんが、今すぐ読みたい物の一つ。こちらの読書会に参加しなかったことを、非常に悔やんでおります。
  • Adaptive Pathの創業メンバーによる、ある活動に関する人の行動を効率的に整理する手法の本だと認識してます。

UI系

Search Patterns (Design for Disciple-Making) Search Patterns (Design for Disciple-Making)

Oreilly & Associates Inc 2010-02

売り上げランキング : 30333

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • つい先日、浅野さんと一緒に主催させていただきました。
  • UI系としてしまいましたが、検索(というかコミュニケーション)に関する深い本で、検索とは?という問いから、実践的なUIのデザインパターン、将来ビジョンまで、深くて重要な洞察がなされていると思いました。
  • こういう本が書けるレベルの方がごろごろいそうなU.S.A.恐るべし。
デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計 デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計

長谷川 敦士 (監訳)

オライリージャパン 2009-05-25

売り上げランキング : 21087

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • こちらの読書会では、監訳者のコンセント 長谷川さん、浅野さんも参加されるという素晴らしく贅沢な会だった模様です。

制作効率化系

Modular Web Design: Creating Reusable Components for User Experience Design and Documentation (Voices That Matter) Modular Web Design: Creating Reusable Components for User Experience Design and Documentation (Voices That Matter)

New Riders Press 2009-07-04

売り上げランキング : 49917

Amazonで詳しく見る by G-Tools


  • コンポーネントでサイトを効率的につくるための方法論に関する本です。
  • 日本でも大手企業ならどこでも必ずニーズあると思う。
  • 日本語訳が待たれます。

歴史、読み物系

iPodは何を変えたのか? iPodは何を変えたのか?

上浦 倫人

ソフトバンク クリエイティブ 2007-03-29

売り上げランキング : 49531

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • 記念すべき第1回読書会の本です。iPodの開発された過程・経緯を知ることが出来ました。
  • この本でも紹介されていたiPodの生みの親のような人物が、最近Appleを退職してたような。(追記0405:Tony Fadell氏でした。CNET JAPANの記事にあります。)
Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

高橋 信夫

オライリージャパン 2008-10-27

売り上げランキング : 75324

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • 僕個人はなぜか英語版を読んでさらりとしか理解してませんが、AdaptivepathのUCD的な方法論がさらりと書いてあったような。

UXBC Tokyoで参加者募集中の本

ウェブアプリケーションのためのユニバーサルデザイン ウェブアプリケーションのためのユニバーサルデザイン

水野 貴明

オライリージャパン 2009-12-19

売り上げランキング : 218783

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • Twitterでもいわゆるウィッフィーウッフィーが多い@sprmari0(Twitter)さんが主催されてます。
  • なんとソフトバンクのUstream Studioで開催する予定とのこと。
  • 正直、僕も力を入れられている領域ではないのでこれを機に色々知っておこうかと、参加予定です。
Beyond the Usability Lab: Conducting Large-scale Online User Experience Studies Beyond the Usability Lab: Conducting Large-scale Online User Experience Studies

Morgan Kaufmann 2010-01-26

売り上げランキング : 19744

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • リモートユーザビリティテストの手法に関する本です。
  • 主催者のenjojiさん曰く、「リモートユーザビリティテストの基本的な部分が書かれていると思いますので、それらを俯瞰して実務利用時の情報交換が出来る場になればと思っています。」とのことです。
Remote Research – Real Users, Real Time, Real Research

Nate Bolt & Tony Tulathimutte

Rosenfeld Mediaで詳しく見る

  • 僕が主催予定ですが、上述の本とかぶりました!両方やりたいな〜どうしようかな〜。この際「リモートリサーチ」というお題にしてまとめてディスカッションしたらどうだろう。。お互いの本をふまえて、違いやメリデメを語り合うとか。そうなると、とても一回じゃ時間が足りなさそう。
  • 調査がちゃんと実践できることが重要なので、デモもやってみたいです。

個人的にチャレンジしたい本

今後、ちゃんと読みたいなーと思ってる本たちです。

UX系をはじめ、最近はモバイルやユビキタス、はたまた社会学的なものにも興味を持ってるので、時間と相談しながらぼちぼち提案していきたいと思ってます。

In the Bubble: Designing in a Complex World In the Bubble: Designing in a Complex World

The MIT Press 2006-04-01

売り上げランキング : 194819

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Sketching User Experiences: Getting the Design Right and the Right Design (Interactive Technologies) Sketching User Experiences: Getting the Design Right and the Right Design (Interactive Technologies)

Morgan Kaufmann 2007-04-24

売り上げランキング : 48609

Amazonで詳しく見る by G-Tools

おわりに

最後に、自分への戒めをつぶやいておしまいにさせていただきます。

  • 英語の本をもっと速く読めるようになるべし(いっこうに楽にならない・・)。
  • 欧米の手法礼賛にならないように(自らも手法を開拓せよ、樽本さんらはその点、意識が高そう)。
  • 読んだことをちゃんと血肉にする(もっと仕組みを取り入れてもいいかな)。
  • プロの方々と、幅広く、もっと交流し、議論する(自分のアジェンダが必要)。
  • ユビキタス社会をより良くデザインするために、勉強してる(今年ぐらいから本格化しつつある)

以上です。他のプライベートなプロジェクトも含め、UXBC Tokyoには今後も精力的に参加していきたいと思います。


Data Friday:iPhone OSの世界シェアは51%

Lukew Wroblewski氏のData Mondayの習慣を思いっきりまねて、金曜日のブログはデータな感じの記事を一発(最初は、「量’奇’的な金曜日」「花金データランド」と名付けようとしたが、さすがにやめといた。)

世界のモバイルOSシェアは2009年12月時点で、1位:iPhone(51%)、2位:Symbian(20%)、3位:Android(19%)だそう(December 2009 Mobile Metrics Report)。

変化率は見られなかったけれども、Androidはもうこんな所まで来てる。iPhone強し。なお、西ヨーロッパエリアではiPhoneシェアは78%と驚異的。

O’Reilly Raderより、モバイルでソーシャルサーチがきてるっぽいという記事。

ここでいうソーシャルサーチとは、いわゆる自分のソーシャルネットワークを含んだ人の力で、よりリアルタイムかつローケションベースに検索ができるサービスのことを言うようだ。自然な会話調で検索できるソーシャルサーチで先行するvark社のブログにいくつか参考になるデータが出ていた。どんな仕組みで以下のよさげな状態まできているのか、AardvarkのiPhoneアプリが使えるので、少し試してみようと思う(※一晩たったが返事がない。東京のレストランについて聞いたのがまずかったようだ)

  • Aardvarkのユーザ数は9万人
  • 質問の87.7%は回答を得ている
  • 質問したユーザの75.0%は回答した経験もある
  • 回答の70.4%は、Goodの評価を得ている(その下はOKとBAD)
    ※おっとしまった。TechCrunchに詳しくあった

日本だと「はてな」が 近いけども、彼等はモバイルには力を入れる予定はないのかな。iPhoneアプリやiPhone Safariへの最適化は行っていない様子。

ところで、個人的にiPhoneアプリやiPhone対応したサイトは概ね使いやすいと感じる。おそらく提供者側のサービスも範囲がしぼられて(いる割にはPCで培ったサービス基盤があって強力な場合が多い)おり、一方ユーザ側もワンタスクをさくっとこなしたいという狭いスコープで低い期待値でしか使わないので、ユーザの期待以上のものが提供できている予感。まあユーザ側としては欲はつのるばかりだろうけども。

タッチUIを備えたモバイル向けで、ショッピング・サービス分野ではアプリよりもウェブサイト対応に企業は注力しているようだ。

AppStoreでショッピング・サービス分野のアプリが占める割合は3.6%程度だが、タッチUI向けのモバイルウェブサイト(正確にはMobile Touch Webだとさ)では20.3%を占める(The State of the Mobile Touch Web )。

普通に直感的な結果。アプリはコストかかるし。AmazonのKindle for iPhoneのアプリは使っても、本の購入にわざわざアプリは使わないわな。今後はHTML5の特長を活かした使いやすいサイトも増えてくるだろうしね。

しかし、商材やサービスにも寄るだろうが、ECサイトがアプリを提供する価値もない分けないだろうと思う。

★字が読みづらかったので、ブログのデザインテンプレートを変えました。今後ともよろしくお願いします〜!


    サウンドスケープを”デザイン”する時。

    毎年1回ぐらい思いつく妄想がありまして、せっかくなので書き留めておきたいと思います。

    皆さんJavaScriptがかつてはウザいものとして嫌われていた(オフられていた)のを覚えてらっしゃると思いますが、今では、ブラウザ遷移の無い効率的で効果的なAjax等のUI環境を実現する言語として、非常によく活用されています(いまではJavaScriptは第一級のプログラミング言語だそうですよ)。さて、現在そんなJavaScriptに近い「オフ」扱いを受けており、今後のデジタル上のユーザ体験を良くする可能性を秘めたものをもう一つ見つけました。

    それは音(つまりデジタルのサウンド)です。サイトのトップのFlashとかで鳴り出した時には、速攻でオフるあれです(そもそもデスクトップ上でサウンドをオフにしてる人が多そうですが)。

    でもこれからは、私たちのネット空間やリアル世界をよりよくナビゲートするために、もっと有効利用されるべきだと思いまーす。ただし、今のようなブラウザ上での利用ではなく、まずはスマートフォン+イヤフォン(ヘッドフォン)からかもしれません。

    ここからはどんどん妄想で曖昧になりますが、いつかデジタルサウンドは以下のようなことを実現してくれるはず。

    • 街中での移動をナビゲートする
    • 聴覚を拡張する
    • デジアル環境にリアリティを与える(※以下のYoutube参考)
    • 危険を知らせる
    • ネットとサウンドでコミュニケーションをとる
    • IAならぬ、インフォメーション・サウンド・アーキテクト職が生まれる

    といった感じになるはずです。

    あまりピンとこない方もいると思うので、是非イヤフォンをご用意いただいて、次のYoutubeを聴いてみてください。いわゆる3D音響のでもです(タイトル”Virtual Barber Shop”の通り、床屋の中にいる体でどうぞ)。

    ※なお、僕は不意に聴いてマジで誰か来たかとおびえました。
    ※iPhoneだとなぜか全く立体的に聞こえませんので、御注意ください。

    いかがでしょうか?映像なんかより、何倍もリアルじゃないですか?ジョージ・ルーカスがスターウォーズで音にこだわったのも納得です。音こそがリアリティを生む。

    この技術を使って、下のような状況がイメージされるわけです。例えば皆さん、初めて行くお店に向かって、本当に正しい方角に歩いているか自身が無いときはないですか?そんな時、お店の方角から音が鳴って教えてくれます。笑。しょぼい例。でも直感的。

    常時イヤフォン着用が必要ってのが課題かもしれませんね(いつか、そんなもの付けなくても指向性の強い音源デバイスがでるかもしれません。もうあるかも)。

    上記のことって研究進んでるはずですよね。何かご存知のかたいらっしゃいましたら、何でも教えてください〜。

    (※おそらく僕が行っているのは「サ ウンドスケープ」ってのに近いかも。要調査ですね)