『日本の弓術』(オイゲン・ヘリゲル)

かたち:狩猟・戦闘→かた:弓道・弓術→か:禅的生活・禅の思想

僕は高校3年間は弓道部に所属していました。弓道部というと精神修養にいいですよねなんてよく聞かれますが、当時の先生は、とにかく型を身につけて、左手に握った弓を手首を少し押し込むように捻りながら押せば的に中たる、それだけだという感じでしたw。でもそれで確かに中たるのでとても楽しくやっており、調子がいいときは「自然と中たる」という感じもありました。

本書は大正時代、ドイツの哲学者であるオイゲン・ヘリゲル氏が、弓術を通じて日本の非合理的・直感的な思考や禅の精神に接近した体験を綴った、短くも濃厚な本です。ドキュメンタリーのような本書を通じて、ヘリゲル氏の目を通じて禅への求道を追体験するようでした。

ヘリゲル氏は弓聖と呼ばれる阿波研造氏に弟子入りし、自宅に巻藁を置くほどガチンコで練習に励みます。師匠の到底論理的ではない(がそれ以外に表現しようもないい)アドバイスに戸惑いつつも、遂には自らの身体をもって、日本の精神を体得していきます。阿波師匠の数々の言葉がとても感銘を受けるものであったため、下記にいくつか引用いたしました。阿波師匠の言葉を聞くと、自分も過去の弓道体験からか身体が反応するようでした。

自分をまず外から内へ向け、その内をも次第に視野から失うことをお習いなさい

的が私と一体になるならば、それは私が仏陀と一体になることを意味する。そして私が仏陀と一体になれば、矢は有と非有の不動の中心に、したがってまた的の中心に在ることになる。矢が中心に在る – これをわれわれの目覚めた意識をもって解釈すれば、矢は中心から出て中心に入るのである。それゆえあなたは的を狙わずに自分自身を狙いなさい。するとあなたはあなた自身と仏陀と的を同時に射中てます。

「的を狙わずに中てる」という感覚が全く分からずに苦しむヘリゲル氏に、師匠は直接それを示して見せます。その技が本当に神がかっている。暗闇の的の前に、線香1本だけ差し、それを目印に射ぬきます。

第一の矢はみごと的のまん中に立ち、第二の矢は第一の矢の筈(はず)に中たってそれを二つに割いていた。

筈とは矢の後ろにある溝のことで、弓の弦をかける部分。1本目に射った筈を2本目でさらに射ぬくとはまさに弓聖。後に師匠も「不思議なこともあるもんだ」と話していたそうな。笑

幸運にもYoutubeで阿波研造範士が射る動画を発見。大昔の映像のため、型がきれいだぐらいのことしか見えてきませんでしたが。

射は人格完成の手段であって、正しき射を修行すれば、一射ごとに人格の向上を計りうる、而して一箭ごとに完全な自我が宇宙と合体しうるのである

弓を引いている瞬間の我は、宇宙と一体をなすべきものであること、一射一射が射手の全生命を投げ出したものでなければならないこと、射がすなわち禅的生活であること

そういえば、剣道や柔道なかと比べても、弓道は相当シンプルな競技であったと思い出されます。前に引用したように「自分をまず外から内へ向け、その内をも次第に視野から失うこと」を促すカタになっていると思います。むしろ茶道に近いんじゃないかと思える。

日本人はやはり生活を哲学する存在であると、あらためて実感しました。

さて、次に会う禅の本に向けて問いをメモ。

  • 禅の精神こそ日本人の最も強みとするものではないか?
  • 日本の50年後に禅の精神は残っているか?
  • 日本のデジタルは、インターネットは、禅の精神を残すことができるか?ヒトの問題なので、論理で出来たデジタル上のものだけで何かすることは不可能だが、弓道という仕組みのように、エンゲージすることはできるはず。やはり西垣通さんの思想は何か近いものを感じる。
  • 実は禅の精神(というかもっと深い何か)を求めて既に始まっている行為は見当たらないか?オタ芸だってオタ道になりえるかもしれない。
日本の弓術 (岩波文庫) 日本の弓術 (岩波文庫)
オイゲン ヘリゲル Eugen Herrigel
岩波書店 1982-10-16
売り上げランキング : 7567Amazonで詳しく見る by G-Tools

ザッポス、感動、西小山

徹底した顧客志向で有名な、靴のECビジネスを手がけるザッポスは、自分に勇気と希望をくれた。

今までのECと最も彼らが違うところは、顧客への「感動」を提供できるところ。先進国の消費者の飽くなき欲求を越える(経験)価値を、彼らは靴の ネット販売(※ 服やバッグも扱ってるようだ)で提供している。

顧客の期待を圧倒的に上回るサービス提供の仕組みを、徹底した企業文化のもとに実行している。正直言って、こんな顧客志向の怪物みたいなネット企業 は聞いたことがない(もはやネット企業だなんて呼ぶのも馬鹿げてるかも)。

ザッポスの”神話”は、書籍にこれでもかというほど書かれているので、自分が思ったことや気になった内容を忘れずに記しておこう。

『ザッ ポスの奇跡』を読んだ感想メモ】

  • ネットとホテルをくっつけたようなサービス。(観点は違うけど)ペルソナなんての話をとうに越えている、と思わされる。
  • 「『パーソナルかつエモーショナルな(心に触れる)つながりを築くこと』が一番のゴールだ」。まさにWOW。
  • いわゆるエンゲージメントのベストプラクティス。顧客エンゲージメント、社員エンゲージメント、両方凄い。
  • 社員と顧客との接点(ザッポスだとコールセンター)にリソースを投下している。顧客接点から「頭」が始まって手足が伸びてるような会社。
  • あらゆる面での一貫性。企業としてのパーソナリティが感じられる。
  • CEOのトニー・シェイは、1990年代にアドネットワークの会社をつくってMSに売ったビジョナリー。
  • 感動は人と人の交流で創られることも多い。ネットの革命の一つは「コミュニケーション」にあるので、つまるところネットを介した”感動”は、 「人」によってつくられるものなのかもしれない。
  • コンピュータがどんどんpevasiveになると、UIなんてものはほとんど認知の視界から消えてしまって、ユーザが気にするインタフェース=” 人”によるサービスが大事になりそう
  • 日本人の方が得意なんじゃない?
  • 他に感動のきっかけになりそうなのは・・、身体性かな。内蔵にぐっとくるヤツ。その点では、マスメディアのクリエイティブは凄いや。建築もそう。

ザッポスのサイトを見ていると、Zappos Core Valuesというザッポスの行動指針をみつけた。10個ある。3つ目の”Create Fun and A Little Weirdness“が個人的に気に入った。A Little Weirdness(少し気違いじみてる)くらいいを心がけよう。

Create Fun and Little Weirdness

さらに、Core Valuesに関する紹介ムービーも(少々陰気くさいBGMは、CEOの空気感とリンクしてる気がするのは僕だけかな)。

残念ながら自分はあまたのネットサービスを使ったけれど、一度も「感動」はしたことがない(インターネットそのものの可能性に感動として武者震いすることは多々あるけれど)。

1年ぐらい前のある朝、通勤でいつもの西小山駅から電車に乗って、帰ってきたら、朝は地上にあったはずの駅が地下になってたのを体験し、鳥肌がたつ ほど感動した。疲れてたせいか「やっぱ感動っていいなー」(同時に、建築ってすげーな)なんて単純に思ったと同時に、どうやったらネットを使ってもこんな 感動を提供できるのかなと、それ依頼頭の片隅で悩んでいた。

そんな課題意識の中、ザッポスはひとつの答えを提示してくれた。

#以下の本、ホント最高。うれしくて、起業した友達に僭越ながら1冊プレゼントしてしまった。このような機会を与えてくれた著者の石塚しのぶさん(ブログTwitter)に感謝します。これもザッポス神話の力。

ザッポスの奇跡 The Zappos Miracles―アマゾンが屈したザッポスの新流通戦略とは ザッポスの奇跡 The Zappos Miracles―アマゾンが屈したザッポスの新流通戦略とは

東京図書出版会 2009-11-10
売り上げランキング : 876
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


UXBC Tokyo – 国内ネット系スペシャリスト向け読書会

最近、UXBC TokyoというWeb系のIA(建築でいう設計士さん)やディレクターを中心としたスペシャリストによるディープな読書会(勉強会)によく参加しています。

今回は、UXBC Tokyoについてご紹介。

UXBC Tokyoとは?

UXBCとはUser Experience Book Clubの略称で、もともとIA Instituteというコミュニティから始まった活動で、今では各国のIA/UX関係者有志により、世界規模の読書会コミュニティとなっています。IA Institute のサイトに世界の活動っぷりを示したイケてる地図がありましたので、以下に拝借。日本も反映されていました。


View Larger Map

日本でのスタートは、2008年末頃、浅野さんが東京支部をスタートされました(僕もその記念すべき第1回読書会に参加者させていただきました)。

_____3.png

僕から見たこの会の特徴・メリットは以下の通りです。

  • およそインターネットまたはデザインの周辺の方なら、誰でも参加できる
  • 読んで議論したい本があれば、その人が主催者になる
  • 日本のネット界の一流の人と会って話ができる(僕はこれが一番の魅力)
  • 洋書が分担して読める(笑。でも結局全部目を通さないと理解しづらいです)
  • 少し敷居の高い本でも、読書会を締め切りにして頑張って読める

また、第1回参加者募集に関する浅野さんのブログの投稿にもある通り、

UXBC Tokyoは、誰もが参加できるだけでなく、誰もが主催者にもなれる、柔軟かつアジャイルな知識交換の場となってほしいと考えています。

まさにそういった感じです。 僕自身、何度か主催したり参加してますが、毎回参加者の方が経験豊富で博識なので、毎回刺激になっています。

最近、こんな本も紹介いただきました(僕らの仕事は映画界にも先達がいるとは)。

定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー 定本 映画術 ヒッチコック・トリュフォー

山田 宏一

晶文社 1990-12-01

売り上げランキング : 4703

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

個人的には、この取り組みを通じて日本の生み出すネット系のプロダクト・サービス品質向上に少しでも寄与できたらと思っています。また(UXBC Tokyoでなくとも)、アジアも含めたIA/UX/??系専門家の交流にもつなげていけたらと考えています。

#ところで、アメリカではIA/UXのコミュニティ活動も活発で、関連するカンファレンスも頻繁にあります(IA SummitIxDなど)。このような会は、参加者にとっても登壇者にとっても自分の成長のきっかけになるはずですし、ちょっとした自己実現の場でもあるんじゃないかと(この分野だとあの人だね的な認知だとか)。コミュニティ内での知識共有だけでなく、専門家同士のモチベーションアップにもなり、はたまた人材流通の場にもなるなど、その辺の取り組みぶりは見習うところがありそうです。日本だと、僕が知ってる中ではCSS niteがとてもいい感じにされてますよね。

さて、以下ではUXBC Tokyoの具体的な活動内容として、どんな本を取り上げてきたかをご紹介しますね。

UXBC Tokyoでこれまで読まれた本

カテゴライズは正確ではないかもしれませんが、大体あってるでしょう。

プロトタイピング系

Prototyping – A Practitioner’s Guide

Todd Zaki Warfel

Rosenfeld Mediaで詳しく見さ

  • プロトタイピングの方法論やメリット、オススメツールが分かりやすくまとまっています。
  • 僕とデザイナーの方の2名で新宿のミヤマカフェで6時間ぶっ続けで話した思い出の本です。この本自体ははっきり言って軽めの内容なので、全然別の話で盛り上がってましたが。。
ペーパープロトタイピング 最適なユーザインタフェースを効率よくデザインする ペーパープロトタイピング 最適なユーザインタフェースを効率よくデザインする

オーム社 2004-06

売り上げランキング : 56427

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

デザイン方法論系

エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために

Donald A. Norman

新曜社 2004-10

売り上げランキング : 112444

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • D.Norman御大による割と有名な本ですね。
  • 人間の認知の仕方の3段階:本能レベル、行動レベル、内省レベルの概念が印象的。僕は参加していないですが関連MLを拝見すると、面白い情報交換があったようです。
Designing for the Digital Age: How to Create Human-Centered Products and Services Designing for the Digital Age: How to Create Human-Centered Products and Services

Alan Cooper

Wiley 2009-02-24

売り上げランキング : 42371

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • Alan CooperのAbout Face 3の実践版とも言うべき本です。
  • ペルソナを用いたGoal Directed Designの極めて実践的な内容です。プロジェクトの体制、スケジュール、シナリオ、ユーザ分類、クライアントミーティングのアジェンダ等まで、具体的な例を取り上げて詳しく説明されてます。
  • ちなみに700ページのEnglishで、かなりの強者でした。
    #個人的にちょうど今、とても参考にしています。皆さんのレジュメがホント助かる。。
使いやすいソフトウェア―より良いユーザインタフェースの設計を目指して 使いやすいソフトウェア―より良いユーザインタフェースの設計を目指して

富野 壽

構造計画研究所 2005-11

売り上げランキング : 475247

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ユーザ調査、モデリング系

Mental Models – Aligning design strategy with human behavior

Indi Young

Rosenfeld Mediaで詳しく見る

  • 僕はまだ読めてませんが、今すぐ読みたい物の一つ。こちらの読書会に参加しなかったことを、非常に悔やんでおります。
  • Adaptive Pathの創業メンバーによる、ある活動に関する人の行動を効率的に整理する手法の本だと認識してます。

UI系

Search Patterns (Design for Disciple-Making) Search Patterns (Design for Disciple-Making)

Oreilly & Associates Inc 2010-02

売り上げランキング : 30333

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • つい先日、浅野さんと一緒に主催させていただきました。
  • UI系としてしまいましたが、検索(というかコミュニケーション)に関する深い本で、検索とは?という問いから、実践的なUIのデザインパターン、将来ビジョンまで、深くて重要な洞察がなされていると思いました。
  • こういう本が書けるレベルの方がごろごろいそうなU.S.A.恐るべし。
デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計 デザイニング・ウェブナビゲーション ―最適なユーザーエクスペリエンスの設計

長谷川 敦士 (監訳)

オライリージャパン 2009-05-25

売り上げランキング : 21087

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • こちらの読書会では、監訳者のコンセント 長谷川さん、浅野さんも参加されるという素晴らしく贅沢な会だった模様です。

制作効率化系

Modular Web Design: Creating Reusable Components for User Experience Design and Documentation (Voices That Matter) Modular Web Design: Creating Reusable Components for User Experience Design and Documentation (Voices That Matter)

New Riders Press 2009-07-04

売り上げランキング : 49917

Amazonで詳しく見る by G-Tools


  • コンポーネントでサイトを効率的につくるための方法論に関する本です。
  • 日本でも大手企業ならどこでも必ずニーズあると思う。
  • 日本語訳が待たれます。

歴史、読み物系

iPodは何を変えたのか? iPodは何を変えたのか?

上浦 倫人

ソフトバンク クリエイティブ 2007-03-29

売り上げランキング : 49531

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • 記念すべき第1回読書会の本です。iPodの開発された過程・経緯を知ることが出来ました。
  • この本でも紹介されていたiPodの生みの親のような人物が、最近Appleを退職してたような。(追記0405:Tony Fadell氏でした。CNET JAPANの記事にあります。)
Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る Subject To Change ―予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

高橋 信夫

オライリージャパン 2008-10-27

売り上げランキング : 75324

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • 僕個人はなぜか英語版を読んでさらりとしか理解してませんが、AdaptivepathのUCD的な方法論がさらりと書いてあったような。

UXBC Tokyoで参加者募集中の本

ウェブアプリケーションのためのユニバーサルデザイン ウェブアプリケーションのためのユニバーサルデザイン

水野 貴明

オライリージャパン 2009-12-19

売り上げランキング : 218783

おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • Twitterでもいわゆるウィッフィーウッフィーが多い@sprmari0(Twitter)さんが主催されてます。
  • なんとソフトバンクのUstream Studioで開催する予定とのこと。
  • 正直、僕も力を入れられている領域ではないのでこれを機に色々知っておこうかと、参加予定です。
Beyond the Usability Lab: Conducting Large-scale Online User Experience Studies Beyond the Usability Lab: Conducting Large-scale Online User Experience Studies

Morgan Kaufmann 2010-01-26

売り上げランキング : 19744

Amazonで詳しく見る by G-Tools

  • リモートユーザビリティテストの手法に関する本です。
  • 主催者のenjojiさん曰く、「リモートユーザビリティテストの基本的な部分が書かれていると思いますので、それらを俯瞰して実務利用時の情報交換が出来る場になればと思っています。」とのことです。
Remote Research – Real Users, Real Time, Real Research

Nate Bolt & Tony Tulathimutte

Rosenfeld Mediaで詳しく見る

  • 僕が主催予定ですが、上述の本とかぶりました!両方やりたいな〜どうしようかな〜。この際「リモートリサーチ」というお題にしてまとめてディスカッションしたらどうだろう。。お互いの本をふまえて、違いやメリデメを語り合うとか。そうなると、とても一回じゃ時間が足りなさそう。
  • 調査がちゃんと実践できることが重要なので、デモもやってみたいです。

個人的にチャレンジしたい本

今後、ちゃんと読みたいなーと思ってる本たちです。

UX系をはじめ、最近はモバイルやユビキタス、はたまた社会学的なものにも興味を持ってるので、時間と相談しながらぼちぼち提案していきたいと思ってます。

In the Bubble: Designing in a Complex World In the Bubble: Designing in a Complex World

The MIT Press 2006-04-01

売り上げランキング : 194819

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Sketching User Experiences: Getting the Design Right and the Right Design (Interactive Technologies) Sketching User Experiences: Getting the Design Right and the Right Design (Interactive Technologies)

Morgan Kaufmann 2007-04-24

売り上げランキング : 48609

Amazonで詳しく見る by G-Tools

おわりに

最後に、自分への戒めをつぶやいておしまいにさせていただきます。

  • 英語の本をもっと速く読めるようになるべし(いっこうに楽にならない・・)。
  • 欧米の手法礼賛にならないように(自らも手法を開拓せよ、樽本さんらはその点、意識が高そう)。
  • 読んだことをちゃんと血肉にする(もっと仕組みを取り入れてもいいかな)。
  • プロの方々と、幅広く、もっと交流し、議論する(自分のアジェンダが必要)。
  • ユビキタス社会をより良くデザインするために、勉強してる(今年ぐらいから本格化しつつある)

以上です。他のプライベートなプロジェクトも含め、UXBC Tokyoには今後も精力的に参加していきたいと思います。


『Prototyping – A Practitioner’s Guide to Prototyping』

UXBC Tokyoにて、Todd Zaki Warfel氏(@zakiwarfel)の『Prototyping – A Practitioner’s Guide to Prototyping』(@RosenfeldMedia)の読書会を行いました。参加者は僕と@yhskさんの2名のみで、6時間ぶっ続けで話すという、それはそれでかなり濃密な会となりました。

この本は内容もかなり易しく、英語も簡単でしたので、さらっと読めちゃいます。それでも、プロトタイピングに関する観点はちゃんと整理されていて、参考になりました。

以下、個人的に気になったポイントです。

プレゼン2分+批評3分

Warfelさんの提唱するプロトタイピングのプロセスは以下の通りです。

  1. Sketching
  2. Presentation and critique
  3. Modeling (Prototyping)
  4. Testing

1.Sketchingでは、課題に対する解決策のコンセプトを導出することが目的となります。ラフにスケッチしたアイディアを、社内のレビュー会にかけるのが2.Presentation and critiqueになります。プレゼン2分+批評3分で、参考意見はプロトタイプに直接がんがん書き込んで持って帰るという、スプリントを繰り返します。

個人作業として、アイディア出しを早く荒くやることは心がけてましたが、2.のようなスピーディなレビュー会の仕組みは非常にいいなあと思いました。

このあたりは、AdaptivePathのスケッチボードがより参考になりそうです。

プロトタイプはコミュニケーション目的

Warfelさんは、プロトタイピングを目的別に以下の5タイプに分類しています。

  • Type1: Shared Communication
  • Type2: Working Through a Design
  • Type3: Selling Your Idea Internally
  • Type4: Usability Testing
  • Type5: Gauging Technical Feasibility and Value Summary

あらためて気をつけたいなと思ったのが、Type1: Shared Communicationです。プロトタイプを見せる相手は、クライアントだけでなく、デザイナー、エンジニアもいます。クライアントといっても、担当者からエグゼクティブクラスまでいるわけです。彼らに対して、プロトタイプで達成したい目標は何なのか、その目標に対してプロトタイプは十分な内容・作り込みがされているかをチェックする必要があります。さらに、それに向けた事前の期待値調整も重要です(この本にもSet Expectationsという章があります)。

また、ページだけ相手にぽーんと送っても意図が伝わりにくいでしょうから、デモをムービーにしたProtocastというやり方もよさそう。

その他、文中で印象に残ったテキストの引用です。

More Sketching, Less Writing.

Start with quantity, exploring lots of ideas. Quality will come later.

プロトタイピング1年生、またはAgileUCDに興味がある方向け

普段から実践しているものとしては、概念論ばかりで少し物足りない内容でしたが、テーマ的にこれ以上はなかなか望みにくいかもしれません。しかし、プロトタイピングツールも数多く開発され、UX+アジャイルというブームも予想される中(参考:UCDヒストリー – 人机交互論)、今後さらにプロトタイピングに関する方法論の発展が見られる可能性はあります。

もっと具体的なインタフェースについて勉強したい方は、最近訳書が出た『デザイニング・ウェブインタフェース』が俄然おすすめ。最新のウェブで「使える」立地インタフェースについて、非常によく整理されています。知り合いのぶるむんさんも「めちゃくちゃおもしろかった」とのこと。

デザイニング・ウェブインターフェース ―リッチなウェブアプリケーションを実現する原則とパターン デザイニング・ウェブインターフェース ―リッチなウェブアプリケーションを実現する原則とパターン
浅野 紀予(監訳)

オライリージャパン 2009-12-28
売り上げランキング : 24049

Amazonで詳しく見る by G-Tools

坐禅したい

@yhskさんと話していて、本だと『Sketching User Experiences』『In the Bubble』、また坐禅にお互い興味を持っていることが分かったので、また企画するかもしれません。「UXBC 坐禅の会」とか謎にありかも。東京にも坐禅ができるところが色々ありそうです。


「テパ 風を見るのよ」

R1004057

  • (本当に悲しいことに)実はつい3ヶ月ほど前まで、『風の谷のナウシカ(Wikipedia)』は映画が全てのお話だと思ってました。
  • なんと原作はマンガであったんですね。今日、本屋さんで見かけてしまい、ワイド版の6,7刊を買いました。
  • こんなに大きな文脈を詳細まで創造できて凄い。コンテンツはキング、コンテキストは神(ゴッド)とはよく言った。創造主。
  • いや、でもコンテキストは創るもの?所与のものもあるのでは?どこまで文脈をとらえたらいいのやら。フレーム問題か・・。ROI。「プロジェクトのスコープ」。目的に応じた文脈を敷くのは、旧来のマスメディアが得意なのかも。
  • 脱線しました。
  • 風の谷のナウシカ 6 (アニメージュコミックスワイド判) 風の谷のナウシカ 6 (アニメージュコミックスワイド判)

    宮崎 駿

    徳間書店 1993-11

    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る by G-Tools

    風の谷のナウシカ 7 風の谷のナウシカ 7

    宮崎 駿

    徳間書店 1994-12

    売り上げランキング :

    Amazonで詳しく見る by G-Tools