第5回WebUX研究会「ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング」にて発表しました。

第5回WebUX研究会(12/3 Sat.)「ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング」にて発表してきました。当日の様子については、uxtokyo.orgや参加者の皆さんのブログでもご覧いただけます。

“Storytelling for User Experience”の翻訳(by UX Tokyo)

このたび、UX専門家で知人である酒井さん・脇阪さんらと、UX Tokyo名義にて”Storytelling for User Experience”を翻訳いたしました。12月下旬に丸善出版より発売予定です。

ストーリーテリングは決して真新しいものではありませんが、UX業界においてはまだ浸透・活用の余地があり、UX専門家は身につけておくべきスキルだと思っています。

UCDにおけるユーザ調査結果(定量も含む)の伝達や、新しいデザインアイディアの伝達において役立つものであり、また、チーム内の様々な職種・立場の方を「説得する」ためのコミュニケーションツールでもあります。もちろん、ストーリーテラーとしての素質のある方で、既に出来ている人も数多くいることでしょう。

個人的にストリーテリングは「聞き手の主観を発動させて導くためのお膳立て」ではないかと思っています。人は、他人のイメージではなく自分のイメージで物事を理解します。やや比喩的ですが、船のこぎ手が聞き手ならば、我々は彼らの想像力を刺激する水路を引いてあげて、あとは自ら目的地にこぎ出してもらうことで、「腹落ち」してもらうことだといえます。

本書はユーザリサーチャーにとっては、非常にしみじみと深〜くうなずいてしまうような詩的な印象をいただくことでしょう。行動観察やインタビューの経験があるかたならば、うなずきポイントが大量にあり、理解は一瞬だと思います。一方、あまりユーザリサーチに馴染みのない方は、具体的なストーリーのサンプルを通じてストーリーテリングはもちろん、ユーザ中心デザインについても学ぶことが出来そうです。

さて、本書の発売にあわせて、第5回WebUX研究会の場をお借りして、UX Tokyoの3名(酒井、脇阪、前田)にて本書の紹介をしてきました。私のパートでは、「ストーリーを作る」と題して、ストーリーの「要素」と「パターン」をいかにコントロールするかに着目したプレゼンテーションと、関連するワークショップを行いました。

第5回WebUX研究会「ストーリーを作る」パートの発表内容抜粋

  • ストーリーテリングは、メッセージの伝え方の一種であるけども、メッセージを明示するビジネスプレゼンテーションと異なり、聞き手の想像力を刺激しながらメッセージを暗示する方法と言える。
  • 目標である「オーディエンス自らがこちらの意図する想像をしている状態」に向けて、コントロールすべき「5つの要素」と、利用できる「6つのパターン」が存在する。
  • 聞き手にメッセージを想像させるとは、以下の同じトピックに関する2つのストーリーの違い。
    (1)「夕方5時。三田さんはレポートに取り組んでいた。」
    (2)「もうどれぐらい時間が経ったのか、三田さんは分からなかった。オフィスはとても静かだった。オフィスの壁は、今朝行ったブレインストーミングのポストイットで覆われていた。机の上にはプリントの山が積み重なっている。半分かじりかけのサンドイッチがデスクの端においてあって、長い間忘れ去られている。オフィス内には、三田さんがキーボードをカチカチと打つ音だけが鳴り響いていた。」
  • 以下の5つの要素をコントロールしながら、聞き手にメッセージを想像してもらう(重要です)。
    1.視点、2.キャラクター、3.コンテクスト(物理的、情緒的、知覚的、記憶的、歴史的)、4.心的イメージ、5.言葉遣い
  • ストーリーテリングには伝統的な6つの構成パターンが存在する(こちらはおまけですね)。
    1.規範的、2.英雄的、3.新しいものに親しむ、4.フレーム化、5.レイヤー、6.文脈的幕間
View more presentations from ux_tokyo

知識移転力を高める「物語の知」

家にたまたまあった本をたぐってみたところ、『知識創造の方法論』(野中郁次郎、紺野登)において、ストーリーテリングは知識創造手法の一部を担うもので「新たな思考形式=コンセプトの実践化における重要な伝達・移転の知である」と紹介されていました。以下にその一節をご紹介します。
「物語」(ストリーテリング)は、自分自身の経験(つまり、暗黙知)をすべて形式知化してしまうことなしに、暗黙知の意味的豊かさを失わないように、すなわち「場」や状況を含めて、伝達する「内面化」の方法です。
「意味的豊かさ」については、上述の5つの要素やまさに「心的イメージ」あたりが関連するものであり、「豊かさ」を生むディテールをオーディエンス視点でいかに組み込むかについては本書でも多くのTipsを紹介しています。
さらに『知識創造の方法論』ではストーリーテリングで著名なS・デニング氏を参照し、「物語」には以下のような特徴があるとも述べています。
  • 結びつき – 聞く人に積極的なかわわりを持つアイデアや彼らが共感できる主人公の設定
  • 奇妙さ – 聞く人の期待や気持ちをゆさぶる
  • 理解しやすさ – 伝えたいアイデアを感情や身体の感覚に訴えるように語ることで、聞く人を新たな理解のレベルに跳躍させる
  • そして何より重要なのは、物語が「ハッピーエンディング」であること
元来ストーリーテリングはオーディエンス(聞き手)中心にデザインされたメッセージです。従って、ストーリーテリングには聞き手の深い理解が重要になります。本書でもストーリー〜ストーリーテラー〜オーディエンスの3つを「ストーリートライアングル」と称して、ストーリーづくりにおけるオーディエンスの重要性を十分すぎるほどお伝えしています。
さて、ちょとずつ発売が後ろ倒しになっていますが、12月の下旬には発売予定です〜!初版では「シェアされるストーリーとは?」的な時流にあわせた帯を書いちゃいましたが、間違いではないですw
ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング -よりよいデザインを生み出すストーリーの作り方と伝え方 - ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング -よりよいデザインを生み出すストーリーの作り方と伝え方 –
Whitney Quesenbery Kevin Brooks UX TOKYO
丸善出版 2011-12-26
売り上げランキング : 19238Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。