『日本の弓術』(オイゲン・ヘリゲル)

かたち:狩猟・戦闘→かた:弓道・弓術→か:禅的生活・禅の思想

僕は高校3年間は弓道部に所属していました。弓道部というと精神修養にいいですよねなんてよく聞かれますが、当時の先生は、とにかく型を身につけて、左手に握った弓を手首を少し押し込むように捻りながら押せば的に中たる、それだけだという感じでしたw。でもそれで確かに中たるのでとても楽しくやっており、調子がいいときは「自然と中たる」という感じもありました。

本書は大正時代、ドイツの哲学者であるオイゲン・ヘリゲル氏が、弓術を通じて日本の非合理的・直感的な思考や禅の精神に接近した体験を綴った、短くも濃厚な本です。ドキュメンタリーのような本書を通じて、ヘリゲル氏の目を通じて禅への求道を追体験するようでした。

ヘリゲル氏は弓聖と呼ばれる阿波研造氏に弟子入りし、自宅に巻藁を置くほどガチンコで練習に励みます。師匠の到底論理的ではない(がそれ以外に表現しようもないい)アドバイスに戸惑いつつも、遂には自らの身体をもって、日本の精神を体得していきます。阿波師匠の数々の言葉がとても感銘を受けるものであったため、下記にいくつか引用いたしました。阿波師匠の言葉を聞くと、自分も過去の弓道体験からか身体が反応するようでした。

自分をまず外から内へ向け、その内をも次第に視野から失うことをお習いなさい

的が私と一体になるならば、それは私が仏陀と一体になることを意味する。そして私が仏陀と一体になれば、矢は有と非有の不動の中心に、したがってまた的の中心に在ることになる。矢が中心に在る – これをわれわれの目覚めた意識をもって解釈すれば、矢は中心から出て中心に入るのである。それゆえあなたは的を狙わずに自分自身を狙いなさい。するとあなたはあなた自身と仏陀と的を同時に射中てます。

「的を狙わずに中てる」という感覚が全く分からずに苦しむヘリゲル氏に、師匠は直接それを示して見せます。その技が本当に神がかっている。暗闇の的の前に、線香1本だけ差し、それを目印に射ぬきます。

第一の矢はみごと的のまん中に立ち、第二の矢は第一の矢の筈(はず)に中たってそれを二つに割いていた。

筈とは矢の後ろにある溝のことで、弓の弦をかける部分。1本目に射った筈を2本目でさらに射ぬくとはまさに弓聖。後に師匠も「不思議なこともあるもんだ」と話していたそうな。笑

幸運にもYoutubeで阿波研造範士が射る動画を発見。大昔の映像のため、型がきれいだぐらいのことしか見えてきませんでしたが。

射は人格完成の手段であって、正しき射を修行すれば、一射ごとに人格の向上を計りうる、而して一箭ごとに完全な自我が宇宙と合体しうるのである

弓を引いている瞬間の我は、宇宙と一体をなすべきものであること、一射一射が射手の全生命を投げ出したものでなければならないこと、射がすなわち禅的生活であること

そういえば、剣道や柔道なかと比べても、弓道は相当シンプルな競技であったと思い出されます。前に引用したように「自分をまず外から内へ向け、その内をも次第に視野から失うこと」を促すカタになっていると思います。むしろ茶道に近いんじゃないかと思える。

日本人はやはり生活を哲学する存在であると、あらためて実感しました。

さて、次に会う禅の本に向けて問いをメモ。

  • 禅の精神こそ日本人の最も強みとするものではないか?
  • 日本の50年後に禅の精神は残っているか?
  • 日本のデジタルは、インターネットは、禅の精神を残すことができるか?ヒトの問題なので、論理で出来たデジタル上のものだけで何かすることは不可能だが、弓道という仕組みのように、エンゲージすることはできるはず。やはり西垣通さんの思想は何か近いものを感じる。
  • 実は禅の精神(というかもっと深い何か)を求めて既に始まっている行為は見当たらないか?オタ芸だってオタ道になりえるかもしれない。
日本の弓術 (岩波文庫) 日本の弓術 (岩波文庫)
オイゲン ヘリゲル Eugen Herrigel
岩波書店 1982-10-16
売り上げランキング : 7567Amazonで詳しく見る by G-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。