はじめに: 下記の内容にご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひディスカッションせてください(@t_maedaまで)。

5~6年前でしょうか、UXはもっと上流で割りと決まってしまっているよね・・・なんて話をよく界隈で話すことがありました。実際はそんなこともない部分もありそうですが、UIまわりでいくら悪戦苦闘しても、あらゆる意思決定の源泉であるビジネスの要求の前には、UXについて十分に追求しえない・理想を追えない、そんな心の声が当時あったのかもなと思います。

逆に言えば、ビジネス側から”ふってきた”目標や狙いに対し、実に盲目的な態度であったといえなくもありません。もともとビジネス側、ユーザ側という二元的な考えた方自体がおかしいとも言えそうですが、それはまた後日整理してネタにするとして、僕自身はそれなら単純にそっち側(ビジネス)にもっと踏み込めばいんじゃないかと考えたくちでした。

デジタルのサービスや製品を、ユーザを巻き込んだ一つの体験装置・システムとして捉えると、企画者やIA、UIデザイナなどの分類などは少しつまらなく感じる時があります(※もちろん、それぞれの専門性を否定する話でもなく、仕事上名乗る必要はあります)。もっと一連のシステム、全体を捉えたいという欲求は、UX領域で実践を積んでいる方であれば、少なからず持っているはずだと思います。

BA x UX

前置きが長くなりましたが、Service Designといったフィールドにシャープに切り込むためにも「ビジネス」に強くならなければなりません。そこで、UX実務家の1つのフロンティアとして、BA(Business Analysis)を見定めるべしと思っております。

BAってそもそもなんだろうということでググってみると、例えば以下のようなものがありました。

端的に言うと、ビジネスアナリシスとは、ビジネスを成功に導くために必要なタスクやテクニックを集めたものである。具体的には下記の4つがポイントになる。
1.組織のゴール(および目標)を明確にし、ビジネスニーズを定義すること
2.ステークホルダー(利害関係者)の真のニーズを引き出すことの責任をもつこと
3.ソリューションを定義し、それを開発側に伝えること
4.ソリューション構築後に、その妥当性を確認すること

ビジネス+IT:「BABOKとは何か?5分で理解するビジネス革新のベストプラクティス」

上記の引用だとまだわかりやすすぎると思われますので笑、また後日深掘っていきたいと思います。LinkedInでは“User Experience and Business Analysis”というコミュニティもあるようですね。

恐らくBA x UXと聞いて想像するようなことは、スタートアップの経営者や事業担当者の方なら息を吸うかのごとく当たり前にやっていることだと思いますが、意外とやりきれずに困っている話も一方で耳にします。プロダクトの責任者の方と飲んだりしても、「ブレインになる人」がいないという話を最近よく聞きます。同等レベルのビジネス視点を持ちつつ、顧客への洞察からインパクトを及ぼしそうな企画の種を導出できるような人間は中々いないということなのでしょう(Lean UXのスライドなどでよく引用されている”agile doesn’t have a brain“も似たような状況を指しているのかもしれません)。

また、スタンフォードのd.schoolでも取り組まれているような、design thinkingのリテラシがあるBAエキスパートとUXエキスパートがうまくコラボしてやるという形ももちろんあるでしょうが、あくまで一定は自分で踏み込みたいです笑。

BAUXな役割とは

BA x UX的な人のスキルというかやるべきことのイメージとして、漠然とですが以下のようなものを想定してみました。

  • ユーザリサーチ(コアスキルとして):ユーザへの洞察から、価値提供の機会を導出し、事業全体に対しインパクトある提言ができる。本人がオブザベーションできると尚良い。
  • ビジネス分析:事業戦略を理解し、そこからUXの方針策定に至るまでの具体的な論点を定義した上、ユーザドリブンに解決の道筋を作れること。さらには事業戦略そのものにインパクトのあるフィードバックを返せる。
  • プロトタイピング:ユーザ理解と、場合によっては一定のビジネスからの要望を統合し、コンセプトとしてのUI(ラフな検証に耐えうる)にまで落とせる。

これを完璧にできるようになりたいですね。どんな素振りをしていけばいいでしょうか。そんな複雑な話ではないですが、これからも試行錯誤していきたいと思います。

こんな感じの関心をもったかたは、最近増えているんじゃないでしょうか。一つの結晶が、昨今のUX StrategyやService Designではないかと思います。このあたりのテーマにもより貢献していけたらなと思います。余談ですが、この手のカンファレンスに参加すると(今年はUX STRAT2014に参加しました)、UXはもはやビジネスそのものを本質的に貫くものになったんだなとしみじみ感じます(その分、デジタルから外れた瞬間すぐに「当たり前」のものに見えたりもするのですが)。

最後に、岩波文庫の『孫子』の中にシステム思考っぽくて気にいっている言葉があるのでご紹介します。

奇正の環りて相い生ずることは、環の端なきが如し。たれか能くこれを窮めんや。
(奇法と正法とが互いに生まれ出てくる-奇中に正あり、正中に奇あり、奇から正が生まれ正から奇が生まれるという-ありさまは、丸い輪に終点がないようなものである。誰にそれが窮められようか。)

来年はUXのフィールドにいながら、BAだけでなくもいくつかの「奇」を放り込んでいけたらと思ってます。

繰り返しになりますが、上記のようなお話にご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ぜひディスカッションなどさせてください。どうぞよろしくお願いしますー(@t_maedaまで)。

この投稿はUX Tokyo Advent Calendar 2014向けに書いたものです。ということで、皆様メリークリスマス&よいお年を~!