#personal memo: Human-Centered Algorithm Designへの興味

UXとAlgorithmという潮流

昨年マンハッタンで多用したUberの体験があまりに良かったので、その裏のメカニズムに興味をもって調べていたところ、human-centered algorithm (以下、HCAと略)というキーワードを見つけた。もしかすると、human-centered data scienceのの方が上位概念かもしれない。ともかく、それ以来何かがピンときてしまい、だいぶ気になっているので、ひとまず気になっていることをメモしておこう。

  • Uberは乗客には優しいが、運転手には厳しいシステムであるというようなことが言われるが、一体どういうバランスを取れば双方にとって公平性の高い”良いシステム”になるのだろうか。「Uberのドライバーの上司はアルゴリズム」とも言われるが、現実的に「アルゴリズムと働く」ということを真剣に考える必要がありそうでもある。
  • 現に同様の課題意識がHCAのアジェンダの一つにもあげられており、Algorithm at Work”と「仕事」文脈にフォーカスしたテーマを扱う活動もある模様。
  • HCAの論点を構成する背景は多岐にわたることが用意に想像される。ビジネスにおいては、(1)ユーザにとっての提供価値・UX、(2)事業システム、(3)従業員のUXを同時に考慮したものになる。手法としては機械学習、理論的背景としてマーケットデザインの知見も使えるのかもしれない。ビジネス視点で包括的にみると、SDL(Service Dominant Logic)がテクノロジーによって強化されたという話かもしれない。
  • ACMのCSCW2016というカンファレンスのタイトルがまさに”Computer-Supported Cooperative Work and Social Computing”であった。なんとついこの2/27に実施されていたよう。サイトにある”Call for Participation in Workshops“を見ると、非常に興味深いワークショップタイトルが並ぶ。
  • githubのような場所に、オープンソースで使えるHCAのアルゴリズムがどんどん公開されて行ったらどうなるだろうか。
  • Roger Martin教授の知識のファネルを思い出す(参考:Wikipedia “The Design of Business”)。知識のファネルは3つのフェーズがあり、mystery → heuristic → algorithmというもの。自分のようなUXに携わる人間は最初のファネルであるmystery→ heuristicをひたすら紡いでいるイメージがある。そして、僕としてはさらにalgorithmまでUXのイシューで貫くことで、デジタル社会の次世代インフラにインパクトのある仕事をできればこれ幸い。

余談ではあるけれども、先日、機械学習の勉強会にお邪魔したところ、データサイエンスの道の超一流の方たちがいらしゃって素晴らしい討議をされていた。熱く語る皆さんを見ていて、正直羨ましくなるぐらいだった。それにも関わらず、世の中へのコネクト先が「CVや回遊が3倍」のような世界であり、それはそれで重要だが、なにか残念すぎる、と感じてしまった(自分が良く見えていない可能性ももちろんある)。テクノロジードリブンを志向するわけではないが、このあふれんばかりの知性のコネクト先を見つけるのは、この場に居合わせた自分の義務ではないかと謎の使命感を感じていたところに、そのブリッジとなるようなコンセプトとしてhuman-centered data scienceが現れた(思い出した)。この試行錯誤の中で切り開いてくべきだろう。

2012年ごろの機械学習の論文で、数式・アルゴリズムなどを一切書かずしてトップカンファレンスに通った”Machine Learning that Matters(ICML 2012)”というものがあるらしい。こちらのブログに日本語の要約されているが、「機械学習のための機械学習(要約: マッシュルームやアヤメの分類器を死ぬほど作って何の役に立ったの?)」というのが印象に残った。しかし、テクノロジーのブレイクスルーもあり、機械学習がこれだけ社会に喧伝される昨今では状況は大きく進展していそうだが。

追記

(2016/04/18) 専門的に研究をしている方: Min Kyung Lee(カーネギーメロン大学)、Minさんの講義動画


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。