Cooper最新作の読書会、参加者募集中です。

R1004129
[ 本日のPhoto:日光のホテルの朝食にて]

“Desiging for the digital age”の読書会


『次世代マーケティングプラットフォーム』

近年、WEBサイトを中心として顧客のデータがかつてないほどに獲得できるようになりつつあり、企業の意思決定を最適化することに「データ」が大きく効力を持ちつつあります。

上の本もその関連で、タイトルに興味を持って読みましたが、海外でデジタルサイネージの箇所以外はとくに新しい内容・面白い主張に触れることはできませんでした。

携帯電話の売り場で、携帯電話に鎖がついていることがあるが、あの鎖が何度引っ張られたかというデータを測定し、それに従って広告の内容を変えることも可能だ。

(MarketForward(デジタルサイネージ=看板を手がける会社)の元技術者より)

「携帯の鎖が引っ張られた」=「この携帯に興味がある」ということなんでしょう。リアル環境のユーザ行動の把握も現実化しつつあるようですね〜、興味あります。

あと、OmitureやSalesforceの幹部クラスのインタビューがさくっと日本語で読めたのがよかったかも。

この手の本でしたら、下記の本が圧倒的に本格的でお薦めです。